カナダのビザ申請に必須なBiometrics(指紋認証)やり方と流れ

2019年からカナダのビザを取るためにはBiometricsが必須となってしまいました。
ビザの申請はこちらの記事をご参考にどうぞ。

まずは予約!

Photo by STIL on Unsplash

Biometrics(指紋認証)レター

ビザの申請が終わったら、Biometricsのレターが来ます。
メールでお知らせが来るのでサイトをまめにチェックする必要はありません。
お知らせが来たらサイトに入り、レターをダウンロードします。
当日こちらが必要なので必ずプリントアウトしましょう。

Biometrixの予約をしましょう!

VFS予約システム
https://www.vfsglobal.ca/canada/Japan/Japanese/index.html
予約はこちらのサイトから。日本語なので安心ですね!
希望の日時を選んで予約。
メールでもお知らせが来ます。
そして前日もお知らせメールが来ます。
※実はレターが来る前でも予約をすることができます。もし1日でも早く行きたい!という方はレターが来る前に予約しちゃいましょう。

就業時間は9:00~となっていますが、私が予約したのは8:30!
え??やってるの??
通常営業時間は9:00~なんですが、指紋認証の登録は8:30から受け付けしてるんです!
※ただし、実際に通されるのは8:30すぐというわけではなかったです。

予約できてる?不安になったら。。

困ったらチャットで質問がおすすめ!

私はスマホで見てConfirm(確認)を押したのかCancel(キャンセル)を押してしまったのか不安になり質問チャットを利用しました。
(ConfirmとCancelが隣同士だったんです。。。。)

「チャット」これがものすごい便利!
時間は決められているものの、時間内であればすぐに答えをくれます。
とってもスムーズで丁寧!
不安もすぐに解消されます。

「チャット」以外にも電話とメールで聞くことができるので、自分のやりやすい方法で確認が取れますね。

指紋登録当日

場所をチェックして早めに行こう!

入り口は大通り(第一京浜)沿いにあります

場所はこちら。現在登録できるのは日本で一か所のみ!
お住まいが北海道でも沖縄でも本人が来ないといけません。

そして案内には予約時間の15分前に到着!とあるので時間には余裕を持っていきましょう!

<カナダビザ申請センター>
合同会社VFSサービシズ・ジャパン
東京都港区芝1-4-3 SANKI 芝金杉橋ビル4F
〒105-0014
https://goo.gl/maps/fsGSFQd8ER9ANkuB6

場所は浜松町駅から徒歩7分くらい。
とても近いです。Google Mapで確認される方は入り口が裏口の方を示している場合があるので注意!
大通り(第一京浜)沿いに入り口があります。
また、平日の朝に行かれる方は場所柄(オフィス街)電車や道がとても混んでいるので少し早めに行きましょう!

早めについてしまっても目の前の道路を渡ったところにタリーズがあるので時間をつぶすことができます。

当日の持ち物

Biometrixレター
予約表
パスポート
確認書(ウェブでもプリントアウトできますが、当日もらえます。プリントアウトして持っていく場合は2枚必要です)

確認書は当日書く時間もあるのでプリントアウトしなくても問題ありませんが、予約表とパスポートがないと登録できません!

当日はサラッとですが、カバンチェック、ボディチェックも入ります。

所要時間

8:15 到着
8:30 受付開始
8:35 小部屋で登録
8:50 終了

受付をしてからは20分で終了。

終わって帰るころにはドアの前に6人ほど並んでいました。
私が予約した8:30は人数が少なかったようで、私の前に一人、後に一人来ただけでした。
やっぱり朝一番の方が空いてるのかもしれませんね。

登録終了後

IRCCへはすぐに発送される

朝8:50に登録作業が終了し、夕方の4時にはIRCCへ発送されました。と連絡がメールできました。

Biometrics受理

7月4日  Biometrics(指紋認証)登録
7月25日  Biometrics(指紋認証)受理
登録から受理まで20日間!!!
これが遅いのか早いのかわかりませんが、一つのご参考にしてみてください。

※Biometoricsの受理の後に学生ビザの申請が受理されたと連絡が来ました。

有効期限

一度登録すれば10年間有効です。
登録の時にもらったレシートのような紙をしっかりなくさないようにしましょう!

あとがき

難しいことは特にないので、持ち物をしっかり忘れないように、そして時間に遅れないようにだけしておけば登録は問題ないと思います。
これが終われば後はもうひたすら待つのみ!
早くビザの受理通知が来るのを祈りましょう!