アラフォーからのオトナ留学!

40代から始める夢への一歩。カナダへの大人留学についてなど。

MENU

最新版!カナダの入国審査。着いたらすぐに空港内で手続きが必要!

学生ビザの最後の関門!空港内で入国審査が必要だった!

f:id:otona-ryugaku:20180903124405j:plain

こんにちは。リコリスです。

Study Permit(就学許可証)ももらって、ようやくカナダに到着!と思ってそのまま出てはいけません!!!

その前に重要な学生ビザを空港内でもらいましょう!

 

Study Permit(就学許可証)だけでは学生ビザではなかった⁉️

f:id:otona-ryugaku:20180903123220j:plain

え??もうもらったんじゃないの??Study Permit(就学許可証)は違うの??と思いますよね。

そうなんです。まずはStudy Permit(就学許可証)で学校に通うことのできる期間がいつまでかという許可は降りて、これを学生ビザと呼ぶのですが、さらに入国審査を受け、審査官によって今回の滞在期間がいつまでか決まるんです。

なので、Study Permit(就学許可証)と入国審査でもらう滞在期間が異なるんです!!!

ややこしいですよね。私の場合は下記のようになりました。

  • 学校の期間:7ヶ月
  • Study Permit(就学許可証):5年
  • 学生ビザ:10ヶ月

なのでまずは10ヶ月後にはカナダをでなければいけません。

ですが、Study Permitはまだまだあるので学校を変えて滞在の延長申請をカナダ国内でして認定されればさらに滞在することは可能です。

 

じゃあ一体どこで入国審査を受けるの??

f:id:otona-ryugaku:20180903123739j:plain

これがなんと着いたその時の空港内で取ることができるんです。

カナダではシステムがどんどん変わっているようで、すべての空港の入国審査で学生ビザの滞在期間が決まります。しかし空港によって場所が違ったりするので私が利用したトロントのピアソン国際空港について私の感じた注意点を下記にまとめてみました。

  1. 乗り継ぎ便に行く人と空港を出る人の方向がわかりづらい
  2. まずは機械で操作(日本語あり)ですが少しややこしい
  3. 機械で出てきたレシートを見せながら進みましょう
  4. 必要書類を必ずすぐ出せるようにしましょう
  5. 入国審査が終わってから出口がわかりづらい
乗り継ぎ便に行く人と空港を出る人の方向がわかりづらい

飛行機を降りて人の流れに沿って歩いていると、係員の人が機械の並んだ広場の前で「乗り継ぎ便の人はこっちに進んでー」と大声で案内しているのですが、案内の人が少なく、始まったばかりの機械操作なのでみんなが質問をしてやや混乱しています。

チェックインのものと同じようなサイズの機械が10台くらい並んでいるところを見たら立ち止まって「学生ビザを取りたいんだけど」と聞いて見ましょう。

まずは機械で操作(日本語あり)ですが少しややこしい

機械は多言語対応!日本語にも対応しています!素晴らしい!

ですが、微妙に悩むところもあります。例えば私が悩んだのは住所。これからカナダに住むけどどこの住所を書いたらいいんだろう。。

結局日本の実家の住所を書いてみましたが無事に通ることができました。

ちょっと緊張すると思うのですが、何かわからないことがあればすぐに係りの人に聞いて見ましょう。

カナダに来た目的のところで「就学のため」のような文言があるのでそこを選べばまず問題はないと思います。

(もちろん禁止物などの項目も気をつけてチェックをしてくださいね)

機械で出てきたレシートを見せながら進みましょう

機械での処理が全て終わると写真を撮られ、写真付きのレシートのような紙が出てくるのでその紙を持って進みましょう。

途中で係りの人がチェックをして進む方向を分けます。

言われた方向に進むとすぐに入国審査のカウンターがあり、一人一人審査を受けます。(個室ではなく横並びに審査官がずらっと並んだ仕切りのあるところで立ったまま受けます)

必要書類を必ずすぐ出せるようにしましょう

入国審査を受ける際にいくつか書類を見せるように言われます。

私が言われたのは下記の2点だけでした。

  • Study Permit(就学許可証)
  • INVOICE(支払いが完了したことを示すレシート)

これも入稿審査官によってもっと見せてと言う人もいると思うので私は下記の書類もすぐに出せるようにしていました。

  • ホストファミリーの詳細
  • 入学許可書
  • 銀行の残高証明書(英語)

言われてすぐに出せるように手荷物に入れておきましょう。決してスーツケースの中に入れて預けないように。出せないと証明できません。

審査自体は2分くらいですぐに終わりました。

聞かれた質問は

「どのくらい滞在するの?」

だけでした。

アメリカからの入国でしたがそれも特に聞かれることはありませんでした。

学校に行くということ、どのくらい行くのか、帰りはいつぐらいか。をきちんと話せれば問題ないと思います。

英語が不安な方は事前に答えられるように練習しておきましょう。

入国審査が終わってから出口がわかりづらい

入国審査も終わり、正式な書類ももらって一安心。と思ったらどっちにいけばいいのかわからない!!!

これは近くの人に聞けばすぐにわかるので問題はないかと思いますが、私はそのまま進み違えました😓

正解は元来た入り口の方に戻って預け入れた荷物を受け取る。です。

入国審査が終わったら一応聞いてみるといいかもしれませんね。

 

入国審査官のさじ加減によってこの期間が変わるらしいですが、通常は学校が終わった後1ヶ月〜2ヶ月は旅行や挨拶などの期間を考慮して長くつけてくれるようです。

私の場合は「まずは語学学校に行ってからコミュニティカレッジに行く予定」と言ったからかどうかは定かではありませんが、学校が終わった後3ヶ月プラスでもらえました。

 

ネット上に色々な話があり、不安になっていたのですが、トロントの場合は仕切りのある立ちっぱなしのカウンターなので、基本的にはそれほど長くかからないものなんだと思います。

もし英語が聞き取れなくても慌てずに「Could you say that again?」もしくは「Sorry?」だけでも大丈夫なので必ずわかるまで確認して見ましょう。

語学学校であれば特にこれから英語を学ぶので恥ずかしがらずに頑張ってみてくださいね。

どうしてもわからなければとりあえず持っている書類を全て見せてもいいかもしれないですね。正当な理由で入国することがわかれば問題ないはずなので。

 

留学準備。入国の際は一人の方が多いと思うので長旅で疲れている上に不安にもなってうまく答えられるか心配ですよね。

でも書類さえしっかり持って入ればまず大丈夫!深呼吸してカナダに初めましての挨拶をするくらいの気持ちで話して見ましょう!

 

皆さんのカナダへの第一歩が無事に終わりますように。