アラフォーからのオトナ留学!

40代から始める夢への一歩。カナダへの大人留学についてなど。

MENU

英語を楽しく学ぶ!イライラ💢嬉しい✨感情を英語にしてみよう!

英語の勉強をしたいけど、やる気が出ない。時間もない!そんな時は普段の感情を英語にしてみよう!

f:id:otona-ryugaku:20180920115307j:plain

英語の勉強はしたいけど、時間もないし、日々の生活に追われて勉強する気力が出ない。。本を開くとつまらなくなってすぐ飽きちゃう

きっとこんな悩みを抱えてる人多いですよね。

 

そんな人に、まずは英語をなるべく日常に取り入れてみよう!というのを以前書きましたが、今回は自分の感情を英語にしてみよう!です。

前回の記事はこちら。

www.otona-ryugaku.site

 

感情を英語に変えてみよう!

イライラ!!!!

日常生活でイライラすることありますよね。

嫌なことを言われたり、ムカッとする場面だったり、でもそこで感情を表すことができないことも多いですよね。

そんなイライラを英語にしてみよう!

 

  • He is mean!!! 彼って意地悪!!!
  • She is sooooo arrogant!!!  彼女ってほんっとに傲慢!!!
  • He is the most terrible person I've never met before. アイツは今まで人生であった人の中で最悪!!!
  • She is always grumpy. Don't you think so? 彼女っていっつも不機嫌だよね!そう思わない?
  • How chould you do that to me!!! よくもそんなこと私にできたわね!

ムカ!イライラ💢腹がたつーーー!!!そんな感情を英語で言ったらどうなるんだろうって思いませんか?

他にもたくさんあると思います。あまりスラングは使わずにリアルな感情のボキャブラリーを増やしてみましょう。

※上に使われてる単語は他のシチュエーションでも使うので英語がネイティブではない外国人が使ってもそんなに悪い言葉はないのでご安心ください。

 

ハッピー

f:id:otona-ryugaku:20180920123634j:plain

何か嬉しいことがあった時、素敵な人に会った、かっこいい人がいた💕心が動いた時にも感情を英語にしてみましょう!

 

  • OMG!!! He is sooo handsome!!! やばい!!!ちょーかっこいい!!!
  • This is so tasty!!! I can finish all. これちょー美味しい!全部食べきれちゃうよ。
  • He is the most thoughtful person in the world!!! 彼は世界で一番思いやりがあるね!
  • Look at that!!! She's wearing a fancy dress!!! ちょっと見て!ちょー豪華なドレス着てるよ!

私の場合褒め言葉や感情表現は英語の方が言いやすい気がします。

ちょっと大袈裟なくらいの感じで心の中で言ってみましょう!

※OMGはオーマイゴット、オーマイガッシュ、オーマイグッドネスのどれでもOMGです。敬虔なクリスチャンの方の前では「ゴッド」と気安く言わない方がいいらしいので、私はいつも「オーマイガッシュ」を使っています。

 

つまんなーい
  • I wanna go home... 帰りたいー。。。
  • It's boring... Why I have to be here.. これちょーつまんない。なんでここにいなきゃいけないの?
  • Whaaaat?? Are you kidding me?? はー??ちょっと冗談でしょ!!
  • I'm so bored.. ちょー暇なんですけどー。

 

心が動いた時こそ英語でなんていうのかぜひぜひ調べて見てください。

生の感情こそ実際に使う英語です。でもスラングはなるべく避けて調べて見ましょうね。

 

 

感情表現は天気やアクシデントやシチュエーション、いろんな場合でも同じ単語を使うので便利ですよ!

しかも自分の感情を表現するとその言葉を覚えやすいです。

まずはその時の感情を英語でどんな風にいうのかいろんなバリエーションで考えてみましょう。

日常使う感情表現は同じようなことをなんども思ったりするので自然と繰り返し練習にもなりますます覚えられる!

しかもテキストじゃなくて今の自分の感情を英語で表現するのでより自分の言葉を話せます。

 

感情がイライラしてどうしようもない時、嬉しくて浮き足立っちゃう時、つまらない時、自分の感情なら一番身近なので覚えた言葉や単語を感情を込めて言ってみましょう!

気づいたら感情を自然に英語で言えるかもしれませんよ。

 

ぜひぜひ楽しんでみてくださいね。