アラフォーからのオトナ留学!

40代から始めた夢への一歩。カナダへの大人留学についてなど。

MENU

カナダで銀行口座(RBCとTD)を開いてみた!学生口座がお得!

銀行によって必要書類も違った!どっちが簡単?口座維持手数料は?

f:id:otona-ryugaku:20190410151847j:plain

海外での銀行口座開設。

ちょっと緊張しますよね。しかもどこがいいかわからない!!!

何も調べないで行くと「口座維持手数料」がかかってしまうことに!

カナダの5大銀行のうちの二つの銀行口座を作ったときの比較をまとめたいと思います。

今後の講座を作る時のご参考にどうぞ。

それぞれのホームページはこちら

<RBC Canada>

www.rbcroyalbank.com

<TD Canada>

www.td.com

銀行口座ってあったほうがいい?

日本のクレジットカードがあるし、とりあえず今はすぐ働く予定もないけど、カナダの口座なんて必要??

銀行口座は何かの時にあった方が絶対いいです!

 

小切手をもらう場合がある

語学学校で学生ビザを取る場合、ワークパーミットは出ないので働くことはできないのですが、何かの時に保険を使った場合に戻ってくるお金が小切手のことがあるんです!

また、学校でも返金が小切手。。などカナダでは結構小切手が流通していて、小切手を現金化するには口座がないとダメなんです。

小切手の現金化はとっても簡単で銀行に小切手と自分の口座のカードを持っていけば口座に入れてくれます。

 

デビットカード&クレジットカード

銀行のカードにはクレジットカードとともにデビットカードとしての機能もあります。

カナダではちょっとしたものも全て支払いはデビットカードというのが一般的。

小銭も出なくて一度使い出したら手放せません!

たとえ1ドル以下でも使えます。

 

 

RBCとTD比較

どちらもカナダの5大銀行なのでどこにでも支店があります。

この二つの銀行口座を開いた時に必要書類やカード受け取りまでの期間など結構違いがあったのでまとめてみます。

 

予約

<RBC>

  • 店頭に行って予約して後日口座開設しました。

<TD>

  • 開いてる担当者がいたので飛び込みですぐに口座開設できました。

 

TDも支店の担当者の空き状況によって後日になることがあります。

事前に電話やネットで予約をして行くのが確実ですが、電話はちょっと。。。という方は直接行っちゃっても大丈夫です。

また、TDは支店によって日本人がいることも!!!バンクーバー本店は日本語対応しているそうなのでバンクーバーが近い方は日本語で緊張せずに作れますね。

 

必要書類

<RBC>

  • 身分証明書(パスポートなど)
  • ビザ(学生ビザの正式書類)
  • 学生証 

<TD>

  • 身分証明書(パスポートなど)

 

え??TDってパスポートだけ??

そうなんです。私が作った支店ではパスポートのみの提示で口頭で「語学学校に通ってます」と言っただけで学生口座がつくれちゃいました!

RBCはきっちり正式な学生ビザ書類を提出しなければならないので番号も期間もきっちり記録されています。学生期間が終わるともちろん学生口座は使えず、口座維持手数料無料も使えません。。。

TDは「学生のうちは無料よ〜。」というだけで期間の確認もなく、こちらから「学校が変わったりしたら連絡した方がいいですか?」と尋ねると「そうねー。そしたらまた来てー。」という感じ。。。

やや不安なぐらい簡単でした。

 

口座開設にかかる時間

f:id:otona-ryugaku:20190410172547j:plain

<RBC>

  • 1時間以上

<TD>

  • 30分以下

 

RBCは書類の確認、内容の説明ともにとても丁寧で、ネットバンキングについての説明も丁寧に教えてくれました。

書類もきっちりした厚紙のファイルに入っていて重要なところはそれぞれ説明をしながら印をつけたりしてくれます。

TDはコピー?という感じの書類をまとめてもらえます。特に詳しい説明はなかったです。

 

カードの受け取り

f:id:otona-ryugaku:20190410173052j:plain

<RBC>

  • 後日郵送(きっちり名前も刻印されたもの) 

<TD>

  • 当日手渡し(名前の刻印なし)※裏にしっかり名前を書きましょう!

 

やっぱり名前の刻印があった方がなんだかいい気がしますが、その場で受け取れるのはとっても便利で住所がまだ決まっていない!仮住まいで引っ越す予定。などというときも簡単につくれてその場でもらえるので便利ですね。

 

対応と印象

<RBC>

  • とてもきっちり丁寧

<TD>

  • カジュアル

 

RBCはロイヤルと言うだけあって?とても丁寧!書類もきっちり。通常の窓口はそこまででもないですが、口座開設の時の個室での対応はものすごくしっかりしていました。

その分書類もきっちり正式なものを求められます。

ビザの期間、滞在期間、学校名、すべて聞かれて書類やIDも提示しました。

 

TDも口座開設の時には個室で行いますが、会話がとってもカジュアル。

カードもその場で作れて学校の名前とカナダ到着日は聞かれましたが、学校の期間や滞在期間などは特に聞かれずに終了しました。

 

口座維持手数料

<RBC>

  • 学生口座はなし 

<TD>

  • 学生口座はなし

 

TDはそれ以外でも半年間は口座維持手数料が無料となっているそうです。

ただ学生口座であれば半年後も口座維持手数料を気にすることないので楽ですよね。

 

 

あとがき

銀行口座はいざという時のためにも早めに作っておくと便利です。語学学校でも学生であればぜひ「学生口座/Student Chequing Account」がおすすめ!

口座開設ではそれほど難しいことを聞かれることもないですが、もしわかりづらかったりしたら恥ずかしがらずに聞きましょう!

また、どちらの銀行もカナダ人ではなく移民してきたのかな?という人が対応してくれました。なので少しアクセントはあります。ちなみにRBCは中国の方、TDは中東の方でした。

支店、担当者によっても説明の仕方や確認書類の厳しさがもしかしたら変わるかもしれません。行かれる際には念の為必要そうな書類は持って行くと二度手間になりません。口座維持手数料が無料なのかだけはきっちり確認しましょう!