留学費用の大きな割合を占める滞在費。シェアハウスで本当に節約できる?

f:id:otona-ryugaku:20190228093548j:plain

留学する際の滞在費。いきなりシェアハウスは不安だし、ホームステイは高いし。。

悩みますよね。

最初の4ヶ月をホームステイで過ごし、残り3ヶ月をシェアハウスで過ごしているかなり私的な意見ですが、カナダのシェアハウス、ホームステイのご参考にしてみてください。

ホームステイ費用

場所&紹介元によって大きく異なる

これはみなさんも「そりゃそうでしょ」と思われるかと思いますが、場所に加えて学校が提携しているホームステイやエージェントが提携しているホームステイなど、それぞれ異なってきます。

例えば、ある学校から紹介されるホームステイ:月1000ドル(3食付き)。エージェントから紹介のホームステイ:月900ドル(3食付き)など。

もし行きたい学校が決まっているのであれば学校の紹介とエージェントの紹介を比べてみてくださいね。

そこで注意なのがよく見ると条件が違うこと。

  • ホストファミリーの人種(カナダでは人種差別になるため指定はできないことが多い)
  • 食事の有無(3食か2食など)
  • 学校からの距離
  • 料金

人種については差別になるので指定ができないとありますが、できればカナダ人のホストがいいですよね。

そこも地域や学校によっても差がありますが、私のいるロンドン(オンタリオ州カナダ)の学校ではほぼ全ホストファミリーがカナディアンなので家で英語以外の言語が飛び交っているということは聞いたことがありません。

人種についてリクエストはできないもののエージェントや学校側で選定している場合もあるのでその紹介先によりホストの人種の割合が変わってきます。

ロンドンはまだ外国人や移民が少ない場所というのと学校側がアンケートなどを定期的にとったり、嫌な場合は相談の上変更できるシステムになっているためあまり悪い噂を聞いたことがありません。これがトロントやバンクーバーだと移民の家庭の割が多いということも。。

私がはじめに調べていた時にエージェントに勧められたバンクーバーの学校のホームステイはほぼ移民家庭と言われていました。。。

ホームステイの利点

私の学校のホームステイ料金は3食付きで800ドル/月。

家から学校まではバスで1本(20分程度)+徒歩10分程度。思ったよりは距離がありましたが慣れるとそこまで遠くも感じません。

値段はそれなりにしますが、セキュリティ面や何かあった時、ちょっとした相談事や確認などをホストファミリーにできる安心感などお金に変えられないものもあるのでそれなりの料金ですが決して高くはないのかなと思っています。

が、これも人間なので合う合わないは必ずあります。

特に食事や家の環境など、嫌なことなどはホストファミリーや学校と相談してみましょう。

以前にホームステイについて書いた記事もよければご参考にどうぞ。

www.otona-ryugaku.site

www.otona-ryugaku.site

シェアハウス

f:id:otona-ryugaku:20190314025810j:plain

どんなところ?

私のいるロンドンでのシェアハウスについてですが、一軒家パターンとアパートタイプがあります。

一軒家に5人〜10人が住んでいる大型シェアハウスの場合もあれば、アパートメントタイプの1DKや2DKなどに少人数で済む場合もあります。

  • 例1)ダウンタウンの中心、カナダ人オーナーと二人でシェア:430ドル

ダウンタウン(街の中心)1DK、カナダ人オーナー(女性)がリビング、友達が個室を借りていて430ドルはかなり破格でラッキーな物件です。

キッチンやトイレ、洗濯機などはすべて共有。

  • 例2)ダウンタウンからちょっと離れた一軒家:480ドル

ダウンタウンからバスで10分程度(徒歩30分)やや古めの2階建ての一軒家。きれいとは言いがたい。。。

1階と2階に男女5人ずつ計10人。シャワーとトイレは各階に2つずつ。キッチンと洗濯機は各階1台。1部屋5畳くらい?やや狭め。治安は夜はやや不安がある。

  • 例3)ダウンタウンから離れたアパートメント:560ドル

ダウンタウンからバスで20分程度、アパートメントの集合地帯で治安は良好。セキュリティあり。十数階建ての日本でいうマンション。2部屋と大きめキッチン。マスタールームにシャワーとトイレ、別にもう一つシャワーとトイレ。洗濯機はアパートのランドリールーム(有料)を使用。2DKを2人で使用。

通常500ドルが相場のようで500を切ると治安面、キレイさ、などが劣る場合が多いのでラッキーな物件かどうかは必ず現地を確認しましょう。

キレイな物件で治安がいい場所であれば500ドルでもラッキーな方です。

これがトロントの中心だと倍の1000ドルくらいになります。

ちなみにダウンタウンは場所により夜など治安が悪くなります。高級住宅街もあるのですが、そこは本当に高いので学生はほぼ住んでいません。(お金持ちを除き)

家具なんかはついてるの?

通常キッチン用品や洗濯機がある場合がほとんどです。

ただ例3のように友人同士、個人的に少人数で契約している場合はそれぞれの持ち物を持ってきている場合が多い。

追記)furnished(家具付き) unfurnished(家具なし)でチェックしましょう。家具なしの場合は基本何もないので全て自分で用意する必要があります。

洗濯機は大型アパートメント(マンション)の場合はランドリールームがあり、そこを利用します(有料)。

洗濯機:2.25ドル、乾燥機:1.50ドル。

私の住んでいるところはカード式でカードを購入してチャージして使っています。

どうやって探すの?

  • 人づて

学校の友人、先生、知人に家を探していることを伝えましょう!

地元の情報(治安や家賃の相場も含め)や、今度誰かが国に帰るから部屋が空くよ!など有力情報が意外と身近に転がっています。

  • 掲示板

大抵インターネットの掲示板があるのでそこで探します。

私のいるロンドンの場合日本語サイトなどはないので(まず日本人がものすごく少ない)地元の英語のサイトになります。

www.kijiji.ca

ここに中古品の売ります!買います!以外にシェアハウス、家のレンタル、売買などいろんな情報が掲載されています。

食費&生活費

これは人によってどんな生活スタイルかによって変わるので一概には言えないのですが、外食はやはりそれなりにします。

そしてカナダはチップと税金でグッと値段が上がります。。。

スーパーなどを利用して自炊すれば食費はおそらく100ドル〜150ドルくらいに抑えられると思います。

+シャンプー、トリートメント、石鹸、トイレットペーパー、洗剤など地味に加わっていきます。

セキュリティ

女性は特に重要なセキュリティ。シェアハウスでは部屋の鍵がない場合もあります!

下見に行った際には必ず鍵の有無は確認しましょう。

私が聞いた周りの人では半々くらいのシェアハウスの部屋の鍵がありませんでした。

ホームステイも鍵はないですが出入りする人が限られているので基本的には問題ないと思うのですが、大型シェアハウスだと共有スペースに住人の友人や関係ない人がいてもわからないということも。。

どちらにしても必ず貴重品の管理はしっかりしましょう!

結局どっちがお得??

f:id:otona-ryugaku:20190314031130j:plain
  • 節約と自炊を心がければお得になるシェアハウス!
  • 楽チンさと安心感ではホームステイ!

知り合いもいない海外では頼れる人がいるというのはとても大きいと思います。

また料理が好きな人、好きなものを自由に食べたいという人にはシェアハウスはいいと思います。

やはり外国の食事、揚げ物やパスタ、サンドイッチが多いというコメントはホームステイをしている人からよく出るコメントです。

料理が苦にならないし料理をする時間もある!という人には節約になりますが、料理が面倒で結局外食が多くなっちゃったという人はホームステイと値段はあまり変わらなくなると思います。

ロンドンという小さな街でのホームステイとシェアハウスの比較ですが、ホームステイ代800ドル(食事付き)、シェアハウス500ドル(食事なし)、差額300ドルをいかに節約して生活できるかで変わってきます。そこにホームステイには掃除、洗濯、料理の手間、安心感が入っていて、シェアハウスには自由度がある感じでしょうか。

貴重な留学生活。
快適な環境で過ごせる家が見つかりますように。