アフリカでの生活ってどんなもの食べてるの?

アフリカ生活では痩せちゃう?

「アフリカで生活」というと「ご飯食べてる?」という心配をよくしてもらっていたのですが、好き嫌いの激しさもあるとは思いますが、ガーナでは意外と太る人も多いんです!

痩せるのは最初だけ??意外と太る人も!

最初はお腹の調子との激しいバトル

お腹の弱い方は一気に減ります。
私も最初の1ヶ月でお腹を壊しまくり、3日で3キロ減という驚異のスピードで体重が落ちたことも。。。
あのときは顔面蒼白。食べてもすぐ出ちゃう。歩くとふわふわするという体験をしたのですが、体って慣れるもんですね。
1ヶ月後にはお腹はやや壊しやすくてもだんだんと安定していきました。
そして意外なことに私の場合はホームステイが始まってから激しい体調不良が改善されたんです!

女性は太りやすく、男性は痩せていく

しばらくして慣れるとお腹もだいぶ安定してきます。
ガーナの主食はヤムイモとプランテーン、お米、どれも炭水化物!
そこに野菜や魚、お肉を使ったスープなどがつく。
ホームステイや外食でも量が多い!!!本当に半端ない!!!
これを毎日食べてると。。。。
女性は特に炭水化物で太りやすいので、10キロ近く太ったという人も珍しくありません。

逆に男性はタンパク質が減るので痩せていきます。
こういうので女性と男性の体の違いを実感しますね。
稀に男性でも太る人もいるので、炭水化物で太りやすいと自覚のある方は気をつけたほうがいいかもしれません。

ガーナの人と一緒にいると「食べなさい」とものすごく言われます。
特にホームステイやガーナの人の家に呼ばれて食事を出されるときは「お腹いっぱい」といっても「もっと食べれるでしょ!」と言ってなかなか解放されないことも。
善意なので断りきれず、胃がだんだん大きくなっていくという。。。

意外と何でも手に入る

意外と食材は色々と豊富だった!

Market

国や地域によって大きく差が出る

アフリカで生活といってもどこの国のどの地域でどのくらいの生活レベル(予算)かで大きく変わります。
私が住んでいたのは西アフリカのガーナという国の田舎町。
大きなスーパーに行こうと思うとトロトロという庶民の乗るワゴン車で順調にいけば2時間半ほどで行けました。(トロトロがすぐ来れば)
大きめの青空マーケットはトロトロで40分くらい。
週末にはだいたいこの青空マーケットにいっていました。

海沿いは新鮮魚介類が豊富!野菜も意外とある

Chell

ガーナは小さい国ですが、それでも海沿いは新鮮な魚介類が豊富で安い!
中央部でも流通ルートがしっかりしている都市は食材も入手しやすい。
問題はある程度の大きさの街に出にくい田舎の方。
食材がぐっと減ります。
それでもトマト、ピーマン、玉ねぎ、ヤムイモ、プランテーン、オクラ、生姜、卵、牛肉、鶏肉、干した魚などの食材は1年を通してだいたいどの地域でも手に入ります。※卵の黄身は日本よりもずっと白いので最初驚きますが慣れます。

トマトはガーナの食事には欠かせないので、新鮮な生のものからペースト状のものは缶詰、袋(サシェ)に入ったものまでどこでも手に入ります。

主食は困らない?

Wache

これは赤いお赤飯のようなお米のワチェ。トマトベースのソースで美味しい!
野菜もたっぷり、細めのパスタ、魚も入ってバランスがいいですね。
一般庶民の朝食&昼食に好んで食べられていました。

パン好きには朗報?パンはそこら中で売っています。
ガーナのパンはずっしり重たいものが多かったのですが、私は結構好きでした。

ご飯、パスタも日本でおなじみのものとは異なりますが、どこでも売っていました。(私のいた貧しい地域でも入手可能でした)

肉類はやや注意が必要

牛も鶏も多いので比較的手に入りますが、庶民のマーケットでは大きなナイフ?鉈(なた)?で力任せにガンガン切り分けていくので、骨が粉砕してお肉の中に小さな骨が入り込むということが起きます。
そして目に見えない、見えづらい骨は食べてる時にガリ!っと噛んでしまい、歯が欠けそうになることも。。。
食べるたびに緊張するので私は基本お肉系は大きなスーパーでしか買いませんでしたが、それでも小さな骨が入っていたことがあったので結局ウィンナーばかり買っていました。。
気になる方、鶏肉をさばけるという方は鶏肉を1匹買って自分で切り分ける方がいいかもしれません。(冷凍でクリスマスチキンのような丸ごとが買えます)
丸ごと買ってしまえば骨が粉砕して入っているということはないので安心ですね!
そんな小さなこと気にしないよ!という豪快な方は好きな部分をオーダーということもできます。(牛タン丸ごと買いも可能!)

魚は干し魚が多い

Fish

海沿いは新鮮なものが売っていますが、内陸では干した魚が一般的。
私は魚の種類に明るくないのでよくわからないのですが、いろいろな種類の干した魚がマーケットでたくさん売られています。
「サーモン」というのをよく聞くのですが、ガーナでいうサーモンは「鮭」ではないことが多いので鮭を買いたい方はきちんと実物を確認してから購入しましょう。

おやつもあります!

お菓子もクッキー、ビスケット、アイス、チョコ菓子、キャラメル、飴もどこでも手に入るのでお菓子好きも安心です!

Plantane

庶民のおやつ、焼きプランテーンもおすすめ!
甘さ控えめな焼き芋のような感じ。

Yakitoriそして焼き鳥もちょっとした小腹が空いた時に(ただし辛い)

Local Mangoマンゴーの季節にはローカルマンゴーという小さめだけど甘さ満点のマンゴーと日本でよく見かけるマンゴーの2種類が売られます。
ローカルマンゴーはそこら辺に生っていることも多くとても安くて庶民のおやつ。
ローカルマンゴーは繊維が多いのでガーナの人は頭をちょっとかじってから絞り出すように吸って吸いきると捨てます。
私は皮ごと一口大に切ってそのまま食べていましたが、皮がほんのり苦くて金柑の甘露煮のようで好きでした(ガーナの人には驚かれましたがおすすめ!)

生活レベルや自炊の有無、好き嫌い

生活レベルというのは本当に顕著に食事に現れます。
ガーナといえどお金を出せばそれなりのレストランやモール、スーパーの品揃えは立派なものです。特に首都であれば大抵のものは手に入ります。
また、自炊をある程度できればガーナはお米を食べる国なので(細長いお米)お米も買えます。
ただ、お米にしても、日本米とは違うパラパラしたもの。
食材も地元の庶民が使うマーケットでは限られてくるので、毎日同じようなものを食べたくない!となると難しくはなります。

アフリカ行くのにその程度の覚悟?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、数週間、数ヶ月ではなく年単位での滞在となるとじわじわと響いて辛くなってくるんです。。。
さらに自炊をあまりしない人で地元の食事もあまり口に合わない人は本当に大変です。
アフリカに長期で行く予定で、予算が限られている方、あまり贅沢ばかりしていられないという方は多少料理ができるように(焼いたり、炒めたり、煮たり)しておくか、お料理本を持っていくことをおすすめします。
※インターネットも使えますが、停電や電波の悪いところでも影響がない本がおすすめ!

調理器具はある?

ある程度のものは手に入る

Cooking

鍋やフライパン、おたま、お皿、スプーン、フォークなど、地元の人も使うのでもちろん手に入ります。
そしてちょっと大きな街に行けば青空マーケットではお鍋もフライパンもサイズや素材も豊富になり、普段の料理をするのにそれほど困ることはありません。電気ケトルも買えますよ!(これはすごく便利!)
ガーナの人は食材を擦って使うことが多いのですが、ミキサーを使っている人もいるのでミキサーも買えます。

コーヒーも手に入ります(ただし大きな街に限る)

私はコーヒーが大好きなのですが、ガーナ人はコーヒーを飲む人はとても少ないので、大きなモールなどの外国人やガーナのお金持ちが行くようなところ、もしくはかなり大きな青空マーケットでないとコーヒーが買えませんでしたが、フレンチプレスがモールで買えました!1000円弱くらいだったかな?
それが意外と使いやすく、全く壊れず、今カナダで1200円くらいで買ったフレンチプレスよりもずっと良かったです。

ガス?スミ?電気?どうやって調理するの?

まだまだ炭を使って調理する家庭も多いのですが、なかなか炭で調理は技術的に難しい。
プロパンガスが売っているので、なくなったらまた補充してという形で使うことができます。
プロパンガス+ガス台を買えば日本とそれほど変わらずに調理できます。
そしてプロパンガスのいいところは停電でも使えるということ!
これはとても大きいです!地域にもよりますが、私が住んでいたところは停電も断水もかなり少ないほうだと思うのですが、半日〜1日停電などは当たり前だったので、停電しても料理ができるのはとてもありがたいです。

お金をかければ食事もそれほど苦労しない?

首都、アクラには中華系&韓国系食材店も日本食もあり!

中華系や韓国系食材店ではどんなものが売ってるの?

首都のアクラには韓国系スーパー、中華系スーパーがあり、大抵のものが手に入ります。
もちろん値段は高いですが、お金を出せば買える環境というのはとてもありがたいこと。
これがなかなか首都に上がってこれない地方だと本当にありがたみを感じます。

お醤油や味噌、豆腐はもちろん、お菓子や日本米っぽいお米も買えます。
調味料さえ揃えば多少のものは作れるので、日本食じゃなきゃ嫌!という方でも工夫とお金次第で日本食を作って毎日過ごすことは可能です。(高いけど)

レストランも豊富!ただし外資系は高い

首都であれば特に韓国料理、中国料理、日本料理、イタリア料理、他のアフリカ料理、カフェ、ジェラート屋さんなどが結構たくさんあります。
ただ、外資系のもの、外国人が行くようなお店は高いです。
カフェなどでもちょっと小洒落たところでケーキとコーヒーで1700円くらい(写真のセット)したことも。誕生日だったので奮発してしまいましたが衝撃的で忘れられません。

Salad首都のおしゃれサラダレストランのアボカドサラダ。ものすごく美味しかった。。

立派なホテルもあり、ホテル内のバーやレストランも同様。
日本よりもずっと高いです。

日本から持っていくべきもの

軽い調味料は日本から持っていくのが得策

首都などで多少手に入るといっても高いので軽い+場所を取らないものは日本から持っていくことを強くおすすめします。
※コンソメ、チキンスープの素はガーナ料理でも使うのでどこでも買えます。

  • だし系(こんぶ茶もだし&お茶として使えて便利)
  • お茶漬け
  • ふりかけ(梅など持って行きにくいものもゆかりなどで少し味わえる)
  • インスタントスープ(暑いので冷たい牛乳で作れるスープがおすすめ!)
  • フリーズドライ食品(お味噌汁、ご飯など)
  • 味付き海苔(おやつにもぴったり)
  • 粉のポカリスエット(ひどくお腹を壊した時用)

日本人の心、お箸

お箸、菜箸は軽いし、日本では100円ショップでも簡単に手に入るので、ガーナで探すよりも持っていくのが一番!

包丁、刃物

ガーナで売っている刃物は本当に切れにくい!
ハサミ、針、包丁、すべて売っていますが鋭さが全く違います。
特に包丁は毎日使うもの。日本で安いものでも構わないので日本から持っていくことを強くおすすめします。
切れにくくなったら陶器のお皿やお椀などの裏で研ぎましょう。

まとめ

アフリカといえども自炊であれば量も食材も自分で管理できるので意外と体重管理はできます。
ただ、水の綺麗さ、住む場所の利便性、金銭によって栄養度がかなり変わります。
私は自分で調理する際はお肉(骨の粉末)を警戒し(歯がかけるのが怖い)、魚はホームステイ中に小骨が刺さって大変だったのでそれ以来避け、タンパク質は卵かソーセージばかりだったこと(ホームステイや外で出されるときは全て食べてた)、暮らしていたところも雨水+井戸水(井戸水が綺麗なところもありますが、私の地域はあまりいい井戸水ではなかった)で水のクォリティもやや懸念があり、貧血気味になりましたが体重的には全く変わりませんでした。

こんな感じの料理の魚の骨が喉に!!!死ぬかと思いました。

基本的に青空マーケット利用だったのですが、ある程度大きなマーケットであれば新鮮な野菜が豊富でパンもお米も調味料も買えるのでそこまで心配する必要もないです。
地元の料理が口に合う方は庶民のレストランや屋台はともて安いので毎日外食でも生活できます。

私は辛すぎるとお腹を壊す+何もない地域だったのでお店が少なかったというのがあり、レストランはいく機会が少なかったですが、朝のタマゴサンド(クロックムッシュ)とお昼のワチェはだいたい外で買って食べてました。

Sandwich玉ねぎ入りの卵焼きを挟んでサンドしたものをフライパンでぎゅーぎゅー押しつぶしながら焼くのがガーナ流。これが美味しい!だいたいどこの屋台のものも美味しかったです。
飲み物は薄いココア。

もしガーナに行く機会がある方、友達や家族が行く予定の方、食生活は心配になりますが、そこまで心配しなくても意外とやっていけますのでご安心ください。
(ただし元から貧血気味などの方はビタミン剤なども持っていく方がいいかも)

ガーナ料理も日本ではなかなか食べれないと思うので、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

こちらの記事でもガーナの食事を紹介しています。
アフリカのガーナでボランティア!〜基本情報〜